伝統とモダンが融合する寄木細工

江戸時代後期に箱根山の畑宿で始められた寄木細工(よせぎざいく)」。

様々な種類の木材を組み合わせ、

それぞれの色合いの違いを利用して模様を描く木工技術。

多様な木を用いて独特の幾何学模様が生み出されてきました。

寄木細工

木の合わせ方、商品の形などのバランスで表現され

渋くもかわいくも仕上がる模様。

 

日本の伝統的な技術のなのにモダンな仕上がりにもなる

奥の深い技術です。
※次回は、寄木細工の作家さんをご紹介します。
お楽しみに!

広告

コメントを残す